『Under the moon』

街の灯が 消えて無くなる
時計の針に 導かれるかの様に
月は光りだす 音も無く 闇の中で
まるで地位とか名誉を嘲笑うかの様に

僕等が創った世界は裸にされて
義も無く不義も無く 唯静かに包つんで行く

今日の月は丸くって
全てを照らすよHave a good night
枯れた毛布にくるまって
夜空を見上げる一人

また人は 歩かされて行く
ゼンマイ仕掛けの オモチヤの様に
決して止まらない 止められない人の流れ
君1人の言葉なんか 届きはしない

破れた譜面とギターを持って街角に立っても
乱れない足音が 全てをかき消して行く

今日の月は青くって
月明りの下find my Way
大好きな歌 口ずさんで
遠回りして 帰る

生き急ぐ僕等の世界を 優しく抱きしめながら
繰り返す時代の全てを 昔から見つめてる

今日の月は丸くって
全てを照らすよHave a good night
枯れた毛布にくるまって
夜空を見上げる

今日の月は青くって 月明りの下find my way
大好きな歌 口ずさんで 遠回りして帰る